アリとキリギリスのあらすじには続きがあった!そこから導かれる教訓とは?

スポンサーリンク

あなたは、イソップ童話の「アリとキリギリス」の話を知っていますか?

知ってますよね。

子供の頃に、学校でも習ったのではないでしょうか。

ざっと振り返ると、次のようになります。

”働き者のアリは、長い冬を越すために、夏の暑い間に食料をせっせと集めていました。それに対して、怠け者のキリギリスは、夏の暑い間、ずっと歌って遊んで過ごしました。そして冬がやってきました。キリギリスは食べるものがなく、飢えて、アリに泣きつくしかありませんでした。キリギリスは怠けていたから、このような結末になったのです。こうならないよう、アリのように努力家になりましょう!”

このようなストーリーが、おそらく、あなたの頭の中には刻まれていると思います。

しかし、この話には、さまざまな解釈があり、我々の知らない、続きの話があることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

アリとキリギリスの裏話

アリとキリギリスの話の続きは、次のようになっています。

”ある晩、すごい嵐がやってきて、アリの巣は壊され、今まで蓄積してきた食料はすべて流されました。アリはキリギリスに泣きつきました。キリギリスは「仕方がないなぁ。元気だせよ。」と言って、アリの巣を3日で復旧させました。そして、最後の日には、アリのために音楽会を開催してあげたのです。これによって、アリは、なんとか生活できるようになりました。アリはキリギリスにお礼として、ありったけの食料を差し上げることにしました。”

今まで何百年も、怠け者や悪者のレッテルを貼られてきたキリギリスへの見方が、今まさに、変わろうとしているのです。

この話には、さらに続きがあります。

”アリがキリギリスにお礼の品を差し出すと、キリギリスは気持ちだけ受け取って、お礼の品は受け取りませんでした。なぜなら、お礼の品を受け取ったら、手足がふさがるので自由に飛ぶことができず、好きな音楽を奏でることができなくなってしまうからです。”

これまでアリの視点で見てきたものが、キリギリスの視点で見えるようになってきたのです。

アリとキリギリスの裏話から学んだこと

私は、この話を通じて、キリギリスだけを正当化するつもりはありません。

アリとキリギリスは、仲良く共存していく必要があると考えているからです。

・勤勉なサラリーマンと自由なフリーランス
・使われる者と使う者
・貯める者と使う者
・規律と自由
・記憶と活用
・本業と副業
・品質とスピード

私は、性格の異なるこれらの事象が、アリとキリギリスの話に通じている気がしてなりません。

世間の今までの解釈では、アリが賞賛されすぎました。

サラリーマンの例に当てはめると、勤勉なサラリーマンになることが、唯一の道であると、信じられすぎていました。

もう少し、我々は、キリギリスのような自由な生き方をしてもいいのではないでしょうか。

アリだけではなく、キリギリスの視点に立ってみると、今までよく見えなかったものが見えてくるかもしません。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ