「良い借金」と「悪い借金」を区別する方法とは?

スポンサーリンク

”借金”

この言葉を聞いて、あなたはどのような気持ちになりますか?

おそらく、いい気持ちになる人は少ないのではないかと思います。

昔は私もそうでした。

しかし、ビジネスを真剣に考えたとき、借金というシステムは、本当によくできているなぁ、と私は考えるようになってきました。

不動産ローンは便利な借金?

通常、手ぶらの個人が借り入れできる金額は、せいぜい数百万円程度です。

ところが、不動産の場合、物件自体に信用力があります。

物件自体を担保にとれるため、個人でも何千万円、人によっては1億円以上の借り入れが可能となります。

しかも、現在の不動産ローンの金利は約2%と低い上に、年齢によっては、35年ローンとすることもできます。

不動産投資のローンは

「金利は安く、期間は長く」

が基本です。

期間を長くすれば月々の返済額が下がります。

低金利で、大きなお金を35年間などの長期間借りることができます。

このような便利な借金が、他に存在しているでしょうか。

借金は悪ではない

このような話をすると、会社員や公務員の人たちが、

”フルローンだなんてリスクが高い…”

と拒否反応を示すことが多いと思われます。

しかし「借金=悪」という思い込みによって、お金を増やす機会を、みすみす逃しているとも考えられます。

このような人に対しては、借金にも「良い借金」があることを伝え、心理的なハードルを下げることが重要です。

不動産投資に消極的な妻や家族に対して、説明や説得するときも同様です。

私は、時間の概念を含めて、次のような説明をすることが多いです。

全額を住宅ローンで3000万円のマイホームを買うときのことを考えます。

このとき、3000万円のローンを抱えることに拒否反応を示す人は多いです。

しかし、3000万円のマイホームを現金で買おうと思えば、あと何十年かかるのでしょう?

平均寿命で考えると、人生は約80年。人間の時間には限りがあるのです。

今、マイホームを買わないと、マイホームの中で、妻と過ごす時間、子供と遊ぶ時間が、どんどん消えてしまっていくのです。

この時間という概念をローンは解決してくれているのだと。

良い借金と悪い借金

借金には、良い借金悪い借金があります。

悪い借金とは、お金を産まない資産を借金で買うことです。

例えば、ローンで買う車は、ファイナンシャルプラン上は、悪い借金以外の何物でもありません。

もちろん、ギャンブルなどの借金は問題外です。

一方、良い借金とは、お金を生む資産を作るための借金です。

その代表例が不動産です。

クレジットカードのリボ払いと比較すると分かりやすいかもしれません。

マンションは大きな買い物なのに、分割払いの金利は低くなっています。

そして、数千万円の借り入れも、月々数万円の支払いで可能となります。

【悪い借金】十数%の金利がつく消費者金融でお金を借りること
【良い借金】2%程度の金利で金融機関からお金を長期で借りて不動産を買うこと

この両者を比較すると、借金の意味が全く異なっていることが分かります。

借金には、良い借金と悪い借金があることを、改めて理解しておきましょう。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ