ふるさと納税のあるべき姿!故郷への思いを大切にしよう!

スポンサーリンク

”ふるさと納税”

もう有名な言葉になりましたよね。

今では、ほとんどの人がご存知のことかと思います。

最近では、平昌オリンピックで活躍したカーリング娘の地元である北見市への納税が増えたということで、ちょっとしたニュースにもなりました。

ふるさと納税の概要

ふるさと納税は、自分やパートナーの故郷だけでなく、旅行で行って気に入った町、過疎化や災害で困っている町など、応援したい地方自治体に寄付をすることができる制度です。

応援した自治体へ納税することができるので、もはや「ふるさと」という名前からはかけ離れているような気もします。

ふるさと納税をすると、寄付した金額から自己負担額の2000円を除いた金額の寄付控除が受けられ、所得税や住民税を安くできることが特徴です。

また、返礼品として、その土地の特産品がもらえることも、この制度の大きな魅力でもあります。

自営業の人は、確定申告をすることで寄付控除を受けられますが、会社員の場合は、「ワンストップ特例制度」があり、5自治体までであれば、寄付後、自治体に申請用紙を返送することで、確定申告をしなくても、自動的に翌年分の住民税が安くなります。

特産品がもらえて、節税もできる制度なので、大いに活用していくべきだと思います。

返戻金としての新サービス

ただ、最近は、返戻金目当てのふるさと納税が過熱してきており、本来の主旨からずれてきているようです。

このため、政府与党も、ふるさと納税の返戻金については上限規制や制約を強めようとしています。

そんな中、返戻金としての「お墓の清掃」サービスが注目されはじめています。

自分で帰省して、お墓の掃除ができればいいのですが、気がつくと、もう何年もお墓参りをしていないという人も多いでしょう。

こういうことは親戚にも頼みにくいので、ずっと気になっている人も多いと思います。

そういったニーズに対応して、ふるさと納税の返戻金としての「お墓の清掃」サービスを用意する地方自治体が増えています。

今後の返戻金サービス

個人的な意見としては、これはとても優れたサービスだと考えています。

「ふるさとに対する想い」という本来の主旨を踏襲したものだからです。

もう少し拡張して考えることもできます。

例えば、お墓の掃除だけでなく、田舎に空き家を保有しているけど、帰省できない人のために

「空き家メンテナンスサービス(仮)」

などの返戻金メニューを立ち上げれば、全国の空き家問題や、田舎に帰省できない人の双方のニーズを満たすのではないかと考えています。

今後の類似サービスに期待したいと思います。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ