個人事業主にとって、最強の事業戦略策定ツールは意外にも…

スポンサーリンク

私は、このブログの他に、いくつかホームページを運営しています。

複数のホームページを運営するよりも、ひとつに固めたほうが効率がいいような気もしますが、あえて、複数のホームページを運営しています。

目的別にホームページを作成することで、私自身、いろいろ気づきがありました。

いろいろある目的のうち、今回は、個人事業用のホームページを作るメリットについて、紹介していきたいと思います。

私がホームページを作成することになったきっかけ

私がホームページを作成しようと思ったのは、個人事業のサービスメニューを作成しようと思ったことがきっかけでした。

私は会社員を退職したので、自分の得意不得意をきちんと整理する必要がありました。

私は、今まで業務改革コンサルタントとして、さまざまな経験をしてきたつもりです。

しかし、それを体系的に整理し、どこが自分の強みで、何をクライアントに提供してきたのか、そして今後どのようにしていきたいのか、まるで整理できていませんでした。

会社員時代は、会社の看板があったため、自分の付加価値は、ある程度ごまかすこともできましたが、個人事業を行うときには、ごまかしが全くききません。

自分の強みや社会のニーズ、競合の状況など、きちんと整理・把握しておかないと、自分自身が何者なのか、自己紹介すらできません。

私は、履歴書を書くような気持ちで、今までの職歴を棚卸し、アピールしたいポイント・経験や、今後ニーズのあるような分野、自分が提供できる強みは何なのか、ひたすら考え抜きました。

ホームページを作成するメリット

ホームページ作成を、小遣い稼ぎのひとつの手段として考える人が最近増えてきました。

もちろん、それは重要なことであり、否定はしません。

実際、私もその一人です。

しかし今回は、お金儲け的なニュアンスは、一旦さておき、あくまでホームページを作成することについてのメリットだけに言及していきたいと思います。

一番大きなメリットとしては、今までの経験を体系的に整理し、自分を見つめ直すことができる点でしょうか。

自分の経験をノウハウ化・可視化することができるのです。

例えば、ブログを書く際、日記的な記事を書く人もいれば、XXな方法・・・のようにノウハウ的な情報発信を行う人もいます。

書く人の立場では、日記風に書くほうが楽です。

しかし、それを少し整理し、ノウハウ的に見せると、読み手の感じ方が、がらっと変わるときがあります。

芸能人のブログであれば、その人自身にすでに魅力があるため、日記風な記事でも喜んでもらえるでしょう。

しかし、芸能人以外のブログであれば、どこの誰か認知されていないため、よほどコンテンツに惹きつけるものがないと、記事を読んでもらえません。

ましてや、私のように、どこの誰だか分からないおじさんの日記など、どれほどのニーズがあるのか甚だ疑問です。

このため、芸能人以外の人は、魅力のある文章やタイトルをつけて、工夫をしながら情報発信を行う必要があるのです。

事業用のホームページを作成することも、それに近いと感じました。

今までに経験してきた、ごく普通の経験を、他人を惹きつけるような、魅力のあるノウハウに仕立てていかないといけないのです。

これが、自分の経験の棚卸作業に他なりません。

・経理部でXX作業を行ってきました
   → 会計効率化の画期的な方法!
・経営企画部でXX作業を行ってきました
   → 経営視点の3つのツボ!
・システム開発を行ってきました
   → システム開発で陥りやすい罠ベスト3!

と、内容は同じでも、表現を変え、経験をマニュアル化・汎用化・体系化していくのです。

一度、この作業を始めてみると、意外に、自分もノウハウ的なものを持っているな・・・

と感じ、結構、おもしろかった気がします。

他にも、ホームページを作る副次的なメリットとして、自分の経験やノウハウの記録になっていることを挙げることができます。

将来、会社員を卒業したときに、ホームページでその記録があれば、自分の功績を後世に残すこともできます。

人に自慢できるほどの経験ではなかったとしても、あなたにとっての経験は、他の誰もが経験したことのない貴重なものです。

「自叙伝」とまではいきませんが、自分の働いてきた記録をきちんと残しておく…

それは、自分のためにも、子供たちのためにとっても、いいことなのではないでしょうか。

ホームページは事業戦略策定ツール

このように、ホームページを作るときには、無意識のうちに、自分の強み・弱みを整理し、外部環境の脅威・機会を、無意識のうちに調べることになります。

まさにSWOT分析です。

経営学の分野では、経営戦略を考えるときに、SWOT分析をしましょう、と学習します。

これは、ホームページを作るときも同様なのです。

私も、無意識のうちに、自分のSWOT分析をしていました。

個人事業主にとって、ホームページを作ることは、事業戦略を立てていることに他ならないのです。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ