金融業務2級/事業承継・M&Aコースの受験体験記…その難易度とは?

スポンサーリンク

今回は「金融業務能力検定/事業承継・M&Aエキスパート試験」をご紹介いたします。

この資格は、近年、中堅・中小企業に浸透しているM&Aの進め方やコンサルティングの基本を問う試験になります。

2018年4月から、「金融業務2級/M&Aコース」に名称が変更されていますが、試験の内容は、ほぼ同じものになっています。

資格の概要

CBT(Computer-Based Testing:コンピュータ試験)方式により実施しているため、年中、好きな時に受験できるのが特徴です。

将来性のある資格として、最近、注目されつつある資格のひとつになります。

試験の範囲は下記の6項目です。

1. 中小企業の実態・事業承継関連税制
2. 事業承継関連法制
3. 事業承継に潜む問題点・事業承継コンサルティングと事業承継ビジネス
4. 中小企業M&Aの基礎知識・金融機関におけるM&Aの活用
5. 中小企業M&Aの会計・税務・法務
6. 中小企業M&Aの手順

試験そのものは、正誤式が10問、四択式が30問の合計40問で実施されます。

試験時間は100分、合格点は100点満点の60点です。

合格者には、「事業承継・M&Aエキスパート」の認定証が発行されます。

私の体験談

私はこの試験を2017年9月に受験しました。

結果は、100点満点中、70点での合格でした。

試験の準備は、きんざいの出版している、下記の問題集を使用しました。

法人営業力強化・事業承継・M&Aエキスパート試験対策問題集(’17〜’18年版) 金融業務能力検定 [ きんざいファイナンシャル・プランナーズ・ ]

※この資格は、2018年に体系化され「金融業務2級 事業承継・M&Aコース」となっているため、2018年4月以降に受験する人はこちらの問題集になります。

金融業務2級事業承継・M&Aコース試験対策問題集(2018年度版) 金融業務能力検定 [ きんざいファイナンシャル・プランナーズ・ ]

勉強に使ったのは、この1冊のみで、その他の書籍は一切使用していません。

準備期間は、1日に2〜3時間で1週間程度でした。私の場合、本資格取得前に類似の資格をいくつか取得していたため、準備期間は短めで済んだのかもしれません。

試験に出題される問題も、上記の問題集をきちんと理解していれば対応できるものばかりでした。

試験時間も100分間、与えられていますが、半分ほどの時間で対応できた気がします。(それほど高得点ではありませんでしたが。)

勉強のコツをひとつだけ。

問題集の4択問題のうち、答をそのまま覚えるのではなく、正解の選択肢も不正解の選択肢も、解説を丁寧に読み込んだことが、合格へのカギではないかと思いました。

また、試験はコンピューターによる試験になります。このため、完了後すぐに画面に合否が表示されます。

試験が終わった時のモヤモヤ感が残らないのはいい点ですが、最後の採点ボタンを押すときには結構緊張します。

私は、採点ボタンを押すとき、試験の料金である7560円が頭にちらつきました。

とりあえず、試験には合格することができました。

そして、当分野について、知識を体系的に学ぶことができました。

あとは、本業・副業問わず、この資格を活かしていけるように努力していきたいと思います。

類似の資格の体験談はこちら:
プロフェッショナルCFO資格(財務戦略エキスパート)の受験体験記
金融業務3級/iDeCoコースの受験体験記
金融業務3級/事業性評価コースの受験体験記

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ