無所属で当選する議員は、無職となった個人事業主に似ている?

スポンサーリンク

2017年の衆議院選挙が終わりました。

選挙結果や政局についてのコメントはここでは割愛しますが、選挙当初は、小池百合子氏が立ち上げた希望の党で話題は持ちきりでした。

政権与党にもなったことのある民進党を吸収し、ものすごい勢いでした。

一度は、政権交代も起こるのではないかと感じました。

そして、紆余曲折を経て、衆議院の民進党所属議員のうち、

・保守派と呼ばれている人達は希望の党
・リベラル派と呼ばれている人達は立憲民主党
・それ以外の人達は無所属

という3つに分裂し、野党再編は進むものと思われました。

無所属議員に似ている個人事業主

私には、民進党や希望の党といった政党に属して出馬する議員と、会社の看板で仕事をする会社員がダブって見えてくるのです。

逆に言えば、無所属で出馬する議員は、看板のない個人事業主に例えることもできるでしょう。

なんだかんだ言って、会社に属していれば、仕事がなくなることはないですし、社会保険や福利厚生の面でも優遇されています。

政党に属する議員も、助成金など選挙活動も楽に進めることができたのだと思います。

会社員をしている頃は、あまり意識することはありませんでしたが、個人事業主になってみると、会社員との差異をよく意識するようになってきました。

税金を支払っている意識といい、社会保険を払っている意識といい、何が必要で何が無駄なのか、個人事業主になると、より強く意識するようになります。

すべて自分の身に跳ね返ってくるからでしょうか。

無所属で当選する「強い個人」

無所属から出馬している議員は、看板がないため、資金的には非常に厳しいものとなるでしょう。

ただし、今回、無所属で出馬した人達は、総じて、知名度が高く、実績もあり、どのような考え方の人なのか、知られている人が多かったように感じます。

「強い個人」とでもいうのでしょうか。

地元では絶大な支持基盤があり、政党の看板がなくても、当選する自信のある人が、無所属出馬をしているように見えます。

個人事業主も「強い個人」であるべき

これは、個人事業主にも当てはめることができるでしょう。

自分なりに強みや人脈があり、一人でもなんとかやっていけるという自信がないと、会社員から個人事業主への転身は難しいのではないかと思っています。

逆に言えば、会社の看板に頼らなくても、なんとかやっていける自信のある人は、個人で仕事をしたほうが「自由」を手にすることができる可能性が高くなるのかもしれません。

公約やマニフェストの良し悪しは横に置いたとして、私には無所属で出馬する議員には敬意を評したいと思っています。

自分の力でなんとかしようと頑張っている姿には、私も見習うべきところがあるからです。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ