社会人向け…放送大学で学んだことを仕事へ活用しよう!

スポンサーリンク

私は2017年の8月に放送大学教養学部(社会と産業コース)を卒業しました。

⇨ 通信制大学である放送大学に通学するメリットについては、こちらの記事(社会人が放送大学を活用することの5つのメリット)をご覧ください。

私は、放送大学を卒業するまでに10年の時間を要しました。

働きながらの勉強は楽ではありませんでしたが、卒業して冷静に考えてみると、充実した日々を過ごしていたような気がしています。

そこで、今回は、私が学んだことを簡単にご紹介させていただきたいと思います。

放送大学の講義形式は、テキストを読んだり、ラジオやテレビを聞いて勉強する「放送授業」と、実際に先生の講義を聴くことのできる「面接授業(スクーリング)」の2種類があります。

どちらも適当な割合で単位を取得しないと卒業することができません。

放送授業

放送大学の授業といえば、ラジオやテレビを聞いて勉強するイメージがあると思いますが、私はラジオもテレビもほとんど活用しませんでした。

テキストを熟読することだけに徹して、単位認定試験に挑みました。

このため、放送大学のよさを半分しか享受できていないと言われます。

しかし、このテキストが、結構まとまっていているのです。

放送大学で受講できる科目のジャンルは多岐に渡ります。

放送大学の科目は、各分野の最新の研究をされている有名大学の先生が担当しており、テキストもその先生が執筆しています。

分量も適度で、覚えなければならない項目だけでなく、きちんと教養を身につけるための背景や歴史なども、きちんと記されてあります。

「アカデミックなものは実務では役に立たない!」

と言い切るビジネスマンも少なからずいるのではないかと思いますが、放送大学の科目は、結構、実務的なものも含まれています。

よく言われるビジネスマンの3大スキルとして、

①英語
②会計
③IT

がありますが、どれもそれなりに対応している科目があります。

英語だったら、英会話や英文法、会計だったら、簿記入門や会計学、ITだったら、セキュリティや情報リテラシーなど、好きな科目を学ぶことによって、実務スキルを学ぶことができます。

もちろん、バリバリのアカデミックな科目もあります。

私も物理や歴史の科目を履修したことがありますが、とても懐かしかったです。

また、民間の資格試験に対応している科目もあります。

前述した簿記入門や会計学、原価計算などは、簿記検定の準備にもなります。

英語系の科目は英検やTOEICの勉強にもなります。

セキュリティやプログラミングについては、情報処理試験に対応しています。

他にも、社会保険や年金の科目は社会保険労務士、経営戦略系の科目は中小企業診断士、金融や銀行、家計診断の科目はファイナンシャルプランナー…と、有名な資格試験の勉強ともシナジーがあります。

面接授業(スクーニング)

面接授業は、文字どおりのスクーリングで、土曜日曜に、各地域の学習センターへ足を運んで、一日中、講義を聴くという形式の授業になります。

時間は拘束されますが、単位認定試験はなく、とりあえず出席だけしておけば単位だけは取得することができます。

ただ、放送大学の受講生は、単位取得だけが目的の人は結構少なく、純粋にスキルアップがしたい、教養を身に付けたいという人が多いため、講義は結構盛り上がります。(前の席から埋まっていくなんて、信じられるでしょうか?)

例えば、私が受講したファイナンス系の講義の例を挙げます。

この講義では、先生が話を続けるだけでなく、よく質問をするおじさんがいました。

確か、年金の細かい数字の質問だったと記憶していますが、その質問に対して、先生がうまく答えることができなかったのです。

それに対して、突然、

「私は社労士ですが、その回答は・・・」

と、別の学生が回答を始めたのです。

その回答に対して、また別の学生が、

「私は税理士ですが、その解釈は・・・」

と、あらゆる専門家が先生の講義とは別に議論を始めてしまったのです。

最後は先生が話をまとめていましたが、聴いている私も、さまざまな専門家の意見を目の当たりにし、その分野における理解が深まった気がしました。

これは放送大学の講義ならではの特長だと思います。

今後の予定

このように、放送大学生活は、私にとって非常にいい人生経験となりました。

今後は、少し時間を置いたのち、放送大学大学院に入学してみたいと考えています。

大学院では、マスター研究つまり修士論文の提出が必要となってきますが、こんなにモチベーションの高い人たちに囲まれていたら、どんな分野の研究でも結構面白いのではないかと思っています。

この件については、進捗があり次第、活動報告させていただきます。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ