1ヶ月に稼いだアフィリエイト収入の調査結果!意外にも…

スポンサーリンク

会社員を続けながら、副業として手軽なアフィリエイトでお小遣いを稼ぎたい。

こう思う人は多いのではないでしょうか。

「アフィリエイトで月10万円稼いだ!」とか、「脱サラした!」とか耳障りのいいフレーズはよく聞きますが、実際のところは、アフィリエイトって稼げるものなのでしょうか。

今回は、アフィリエイトマーケティング協会が公開している、アフィリエイトの調査結果を見ていきたいと思います。

1ヶ月のアフィリエイト収入の調査結果(2016年)

アフィリエイトマーケティング協会による2016年の調査結果によると、1ヶ月のアフィリエイト収入は次のようになっています。

・収入なし(23.6%)
・0円〜1000円(17.4%)
・1000円〜5000円(9.7%)
・5000円〜1万円(5.5%)
・1万円〜3万円(7.1%)
・3万円〜5万円(4.3%)
・5万円〜10万円(5.2%)
・10万円〜20万円(5.6%)
・20万円〜50万円(6.7%)
・50万円〜100万円(4.5%)
・100万円以上(10.4%)

ざっくり言うと、1ヶ月の収入が1000円未満の人が約4割だということが分かります。

5000円を超えていれば、上位50%に入っているといえるでしょう。

1割の人が100万円以上稼いでいるのも注目すべき点かもしれません。

1ヶ月のアフィリエイト収入の調査結果(2012年)

ちなみに、同様の市場調査を、5年前の2012年に実施したものを次に示します。

・収入なし(20%)
・0円〜1000円(32%)
・1000円〜5000円(17%)
・5000円〜1万円(6%)
・1万円〜3万円(7%)
・3万円〜5万円(4%)
・5万円〜10万円(4%)
・10万円〜20万円(3%)
・20万円〜50万円(4%)
・50万円〜100万円(2%)
・100万円以上(3%)

この頃は、1ヶ月の収入が1000円未満の人が約5割だということが分かります。

5000円を超えていれば、上位30%に入っていました。

100万円以上稼いでいる人も上位3%に過ぎません。

アンケート結果から読み取れること

2012年と2016年の調査結果を比較すると、次のことが分かります。

・この5年間で、月収1000円未満の人が減少した。
・この5年間で、月収5000円以上の人が増加した。
・この5年間で、月収100万円を超える人が増加した。

「稼いでいるアフィリエイターは1割しかいない」と言われることがありますが、この調査結果を見ると、実際は、そうでもないことが分かります。

月収5000円以上を稼ぐ人が半数もいるのです。

しかも、高収入の人たちも、この5年間で倍以上に増えてきています。

仮に、月収1000円未満という約4割の人たちが、長続きせず、すぐにアフィリエイトを辞めていると考えるとすると、継続している人たちは、かなりの確率で稼いでいることが分かります。

中身のよく見えない情報商材を売る時代から、有料サロンなどの高付加価値サイトが台頭する時代に変化してきたことも、収入の増加につながっているものと考えられます。

アフィリエイトで、継続的に収入を得たいと思っているならば、

「途中で諦めずに、付加価値の高い情報を発信し続けること」

が、成功のカギとなるのではないかと思います。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ