知っておくと便利な公式!72の法則と115の法則とは?

スポンサーリンク

あなたは「72の法則」というものを聞いたことがありますか?

聞いたことがあり、知っている人は、さらに「115の法則」はいかがでしょうか?

この2つの法則は、知っておくと、日常生活でも活用できる便利なものです。

簡単な話ですので、まだ知らない人は、ぜひ、読んで見てください。

72の法則

「72の法則」については、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

「72の法則」とは、72を金利で割るだけで、その金利で複利運用したとき、元本の2倍になるまでの年数が一瞬でわかる便利な法則のことです。

例えば、元本100万円を、金利が1%の金融商品に預けた場合、何年後に200万円になるかを計算します。

「72の法則」によると、72÷1=72。

つまり、元本を2倍するのに、72年かかるということになります。

もうこの世には、いないかもしれませんね。

現在の銀行の普通預金金利は0.001%ですので、同じように「72の法則」を使ってみると、
72÷0.001=72000。

つまり、銀行の普通預金に預けるだけで、元本を2倍にしようとすると、72000年かかることになります。

生きていないどころか、未来すぎて、イメージもわきませんよね。

115の法則

「72の法則」に加えて、「115の法則」も、ついでに覚えておきましょう。

「115の法則」とは、115を金利で割るだけで、その金利で複利運用したとき、元本の3倍になるまでの年数が一瞬でわかる便利な法則のことです。

例えば、元本100万円を、金利が1%の金融商品に預けた場合、何年後に300万円になるかを計算します。

「115の法則」によると、115÷1=115。

つまり、元本を3倍するのに、115年かかるということになります。

2倍だと72年、3倍だと115年かかるんですね。

現在の銀行の普通預金金利は0.001%ですので、同じように「115の法則」を使ってみると、
115÷0.001=115000。

つまり、銀行の普通預金に預けて、元本を3倍にしようとすると、115000年かかることになります。

その頃、地球はどのようになっているのでしょうか?

リスクをとらなければ資産は増えない

「72の法則」と「115の法則」を見てきました。

これらの数学的な証明は、対数をとって、テイラー展開し、近似しているだけなので、ここでは割愛します。

私が言いたいことは、10年後に資産を2倍にしたいのであれば、7%以上の金利で運用する必要があるということです。

今、金利7%を超える金融商品がどこにあるでしょうか?

ドルコスト平均法も、積立投資も、つみたてNISAも、堅実に時間を味方につけて増やしていく方法としてはアリです。

しかし、副業として、お金を増やしていくことを考えると、心もとない収益性です。

目に見えて、お金を増やしていくためには、ある程度、リスクをとることも必要なのです。

意識して、不労所得の仕組みを作らないと、お金は増えていかないでしょう。

とりわけ、プライベートカンパニーを利用した節税は、それほどリスクが大きいわけでもなく、大きな節税効果で可処分所得の向上を見込むことができます。

該当する人は、まずはこのあたりから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ