家計管理の必須ツール…金融商品を評価する3つの視点をおさえよう!

スポンサーリンク

銀行や証券会社が取り扱っている金融商品にはさまざまなものがあります。

慣れないうちは、どの商品が自分にとって合っているものなのか、探し出すのは大変です。

今回は、金融商品を評価するときに必要となる3つの要素(軸)を紹介したいと思います。

金融商品を評価する3つの要素

金融商品の3つの要素を示します。

①収益性
②安全性
③流動性

①の収益性は、”期待される収益の大きさ”を表しています。

②の安全性は、”投資したお金がきちんと保護されているか”を表しています。

③の流動性は、”換金のしやすさ”を表しています。

①収益性

収益性は、金融商品がもたらしてくれる利益の大きさになります。

利息や配当、キャピタルゲイン、インカムゲインなどの大きさになります。

当然、収益性は大きいほうが優れた金融商品になるわけですが、収益性が高いということは、リスクも大きくなります。

家計の資金のうち、余裕のある資金であれば、リスクをとって、収益性の高い商品に投資してもいいでしょう。

しかし、生活費をはじめ、失うと困るような資金については、収益性よりも、次の安全性を重視したほうがいいと思われます。

②安全性

例えば、銀行の預金は、元本や利子の支払いが保証されているため、安全性が高いといえます。

万が一、銀行が経営破綻した場合でも、預金保険の対象になっている金融商品であれば、1000万円までの元本とその利子は保護されます。

逆に、株式などは価格変動が大きく、元本は保証されていないため、安全性は低いということになります。

どうしてもなくしてはいけないお金については、この安全性を重要視する必要があります。

③流動性

収益性と安全性は分かりやすいので、素人でも無意識に考えているのではないかと思います。

しかし、この流動性については、意識していない人も多いのではないでしょうか。

いざというときに現金は必要です。

流動性は、投資した金融商品をすぐに現金化することができるかという指標です。

普通預金はいつでも出し入れできますので流動性は高く、定期預金は満期まで引き出すことができないため、流動性は低いということになります。

不動産は立派な資産ですが、今日明日で売却して現金化できるものではありませんので、流動性は低いということになります。

金融商品の特徴

銀行の普通預金は、安全性も流動性も高いですが、収益性は最も低くなります。

銀行の定期預金は、安全性は高く、収益性も普通預金よりはましですが、流動性は非常に低くなります。

株式やFXは、収益性や流動性は高いですが、安全性は非常に低くなります。

このように、3つの要素をすべて満たす金融商品はありません。うまく組み合わせて資産運用していく必要があります。

一般的には次のように考えるとよいと言われています。

・当面は使う予定がないお金。増やすお金については、収益性の高い金融商品で運用する。
・将来使う予定があり、貯めていきたいお金については、安全性の高い金融商品で運用する。
・日常生活でいつでも使うお金、手元に置いておきたいお金については、流動性の高い金融商品で運用する。

→ 若い世代は収益性重視、年齢が高くなるにつれて安全性の比率を高めていく。

いずれにしても、家計プランを立て、目的別にお金を仕分けすることが出発点になると思います。

あなたも、自身の年齢に合わせて、一度、家計を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ