不動産投資で、空室(入居者の引越し)が発生したときの体験談!

スポンサーリンク

私は関西圏に8戸のワンルームマンションを保有して、不動産投資を実践しています。

おかげさまで、今までのところ、ほぼ満室状態で、安定した家賃収入を得ることができています。

この家賃収入が不労収入のベースとなってくれているので、他の副業にも手を出せる好循環を生み出してくれています。

不動産投資の成功要因

不動産投資の成功要因は「立地」だとよく言われていますが、まさに、その通りだと感じています。

人口減少社会とはいえ、東京をはじめ、一部の大都市近郊では、人口は流入し続けています。

不動産に限っては、大局的に捉えるよりも、ローカルの事情を考慮するほうが重要だと言われています。

しかし、人が集まるところは、時代が変わっても、ほとんど変わらないといったところでしょうか。

不動産投資をしたいからといって、できるだけ早く物件を購入するのではなく、

「駅から近い」
「乗り換えなしでターミナル駅に行ける」
「築浅(10年以内)」

など、基本的な立地条件を確実にチェックして、よりよい物件を選択することが、不動産投資を成功させる秘訣だと強く思います。

不動産投資の最大の成功要因は「立地」であるということは忘れないでください。

空室になったときの話

先日、私の保有しているワンルームマンションのひとつで、入居者が引っ越すことになりました。

約10年間、住んでいただいたので、入居者にはお礼を言いたいです。

しかし、オーナー側からすると、家賃収入が得られない期間、いわゆる空室期間が発生することになります。

一時的とはいえ、空室になったときに感じたのは、物件を複数保有しておくと心強いなぁ、ということです。

ひとつの物件で家賃収入がなくなっても、他の物件の家賃収入でカバーすることが可能になるからです。

収入が突然ゼロになることはないので、精神的に安心感があります。

上述の通り、私は「立地」にはこだわっていましたので、すぐに次の入居者が決まり、空室期間は1ヶ月で済みました。

そして、この1ヶ月という期間ですが、長いのか、短いのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

私の感覚からすると、早いほう(すぐに入居者が決まった)だと思っています。

この1ヶ月間、次の入居者を募集して審査するプロセスと並行して、私は、10年間の入居期間で発生した自然な摩耗を修復する活動をしていました。

もちろん、実際にクリーニングを担当したのは専門の業者でしたが、壁紙の貼り替えや床の掃除など、8万円ほどかかりました。(今回のケースは入居期間が10年という長期間だったので、修復コストは高めでした。)

金額の見積もりや、私の内装確認、専門機関による審査など、1ヶ月という期間はちょうどよい長さだったと思います。

これ以上、短ければ、私も業者も審査期間も管理会社も、時間的に厳しかったのではないかと思います。

そして、このちょうどよい空室期間を経て、新しい入居者に入っていただくことになり、現在は、何事もなく、家賃収入を得ることができています。

不動産投資といえば「空室がこわい」というイメージがありますが、立地場所さえよければ、次の入居者はすぐに決まることが多いです。

目先の利回りや販売価格だけにとらわれることなく、自分の基準に合った、いい立地場所の物件を選択することが重要です。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ