働き方には4種類のパターンがある!会社員、ミニマリスト、そして…

スポンサーリンク

私はよくビジネス書を読みます。

最近、書店では「ブラック企業」や「農業起業」などの本が目立つようになってきました。

安定した会社員人生と、脱サラを前提とした生き方。

それぞれに言い分があるのだと思います。

今回は、私なりに考え方を整理してみました。

生き方の4パターン

仮に、生き方を「時間」「収益」の2軸で考えると、論理的には次の4パターンが存在することになります。

①多くの時間を犠牲にしながら、多くの収益を目指す生き方
②ほとんど時間をかけずに、必要最低限の収益を目指す生き方
③多くの時間を犠牲にしながら、必要最低限の収益を目指す生き方
④ほとんど時間をかけずに、多くの収益を目指す生き方

①は、多くの日本人に見られるパターンです。

会社のために、多くの時間を費やし、それを評価をしてもらい、多くの報酬を得たい、という考え方になります。

年功序列という言葉が示すように、従来は、この考え方が主流でした。

しかし、多くの時間を費やすことで、重労働やストレスなどが目立つようになり、近年は、「働き方改革」が叫ばれるようにもなってきました。

②は、近年、流行りつつあるパターンです。

脱サラして、田舎で農業を営みたい、家族との時間を大切にしたい、というような考え方になります。

このような考え方の人は、ミニマリストと呼ばれています。

その分、会社員時代と比べると、収益は下がるのかもしれませんが、自分の時間を大切にしたいという考え方には賛同できます。

時代に合った多様的な生き方といえるのかもしれません。

③に関しては、通常ありえない考え方になりますので、ここでは議論の対象外とします。

④は、小さな労力で最大の収益を得たいという、論理的には最適解となります。

ただし、最適解とはいえ、実現するのは非常に難しいと思われます。

例えば、週休4日制にして、年収1500万円を稼ぎたい…というのは非現実的だといわざるをえません。

最適解を考えていこう

現代社会では、多種多様な考え方が存在します。

多様性が重んじられるようになってきました。

①の考え方で、会社人生を歩むのもひとつの生き方です。

多少のリスクはつきまといますが、②の生き方を選択するのも立派な生き方だと思います。

では、私はというと、やはり、④を軸足においておきたいと考えています。

以前、私は、フロー型ビジネスとストック型ビジネスの話をしました。

フロー型ビジネスは、労働力をお金に変えるビジネスのことを指しています。

これに対して、ストック型ビジネスは、一度仕組みを作ってしまえば、あとは自動で収益を得ることのできるビジネスのことを指しています。

まず、ストック型ビジネスで、仕組みをたくさん作り、収益のベースを確保します。

そこで、ある程度の収益が得られるようになれば、残りをフロー型ビジネスで埋めていくのです。

フロー型ビジネスは、②の考え方で構いません。

収益のベースは既にあるわけですから、それほど働かなくてもいいはずです。

ストック型ビジネスが拡大していけば、フロー型ビジネスは少しずつ減らしていっても構いません。

こうしていくことで、④の考え方に近づき、ほとんど時間をかけずに、多くの収益を上げることができるのです。

ただ、話すことは簡単ですが、実際はそううまくはいきません。

私の話には前提が2つあるからです。

1)好きな仕事をする
2)ストック型ビジネスを確立する

まず1)です。

どの案にしても、好きな仕事をすることが大前提となります。

限りある人生の貴重な時間を嫌いなことに費やしてしまうのは、そもそも賢明ではありません。

該当する人は、少し立ち止まって考えてみる必要があるのかもしれません。

2)について、副業解禁の時代になってきてはいますが、実際に何から始めていいのか分からない人が殆どだと思います。

そのような人のために、代表的な副業の例を紹介します。参考にしていただければと思います。

自分に合った副業(労働を伴わない仕組みビジネス)を探し出し、少しでも④のパターンに近づけて、豊かな生活を目指していきませんか?

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ