受験もクイズも知識力!ビジネスの世界で必要なのは実は…

スポンサーリンク

お受験ブームです。

学歴偏重社会は、現在も根強く残されています。

クイズ番組ブームです。

知識をたくさん持っていると、頭の良い人に見られます。

知識を得ることは重要です。

一歩進めて、体験してみることはさらに重要です。

しかし、本当にそれだけで満足していていいのでしょうか?

知識力と思考力

私は次のように考えています。

「知識力」はX軸に過ぎなくて「思考力」こそがY軸であると。

この2軸が揃って、はじめて脳は活性化されると思っています。

私の知人に、物理が得意だった人がいました。

その人は、いつも次のような話をしていました。

「英語や社会は暗記科目なので苦手だ。物理は何も覚えなくても公式は自分で導き出せる。思考力さえあれば点数はとれる。物理は楽だ!」

このような意見をもっている人は多いでしょう。

しかし、私の中では、その物理も暗記科目のひとつに過ぎません。

公式や公式の導き方、解法、問題のパターンを記憶しておけば、点数は取れます。

受験物理は、問題に対して、答がただひとつ決まるので、答の導き方を練習すると考えれば、暗記科目とみなしてもよいはずです。

クイズ番組も受験も、答があります。

当たり前ですが、クイズ番組や受験では、答がある問題しか作りません。

これらは、すべて知識力を試すものだからです。

では、「思考力」とは、一体何なのでしょうか?

私は、思考力とは

「答のない問題について、考える力」

だと思っています。

世の中の問題は、答のある問題よりも、答のない問題のほうが多いと言われています。

年金問題、高齢化問題、北朝鮮問題などの社会問題が、長年、解決できないでいるのを見ても、誰も模範解答をもっていないからなのでしょう。

今の社会は残念ながら、「知識力」を測定するものさしはあっても、「思考力」を測定するものさしはありません。

誰も評価・採点ができないからです。

このため「知識力」だけで頭の良し悪しが評価される社会に傾いているのです。

答がないということは、正解もないということです。

当然のことながら、不正解もありません。

よく言われている「マネジメント能力」も、混沌としたプロジェクトの中で、正解がなく、なんとか状況を打破しようと考えるものであり、これこそが「思考力」なのでしょう。

別の視点で見てみましょう。

「知識力」は過去の情報、「思考力」は未来の情報を扱うものだと考えてみてはどうでしょうか。

クイズも受験問題も、すべて誰かが経験したことのあることを問題にしています。

つまり、過去の情報を知っているか知らないかを試していることになります。

それに対して、未来に起こりうることは誰にも分かりません。

これを、何らかの根拠に基づいて、未来のことを予知・定義していく力こそが「思考力」だと言い換えることもできます。

・知識力(X軸)・・・「答がある」「過去の情報を扱う」
・思考力(Y軸)・・・「答がない」「未来の情報を扱う」

この2軸で考えてみると、2軸思考法により、人間は次の4パターンに分類することができます。

①知識力(X軸)=高い、思考力(Y軸)=高い
②知識力(X軸)=高い、思考力(Y軸)=低い
③知識力(X軸)=低い、思考力(Y軸)=高い
④知識力(X軸)=低い、思考力(Y軸)=低い

まず、①は言うまでもなく一番優秀なグループになります。

逆に④は誰も目指していないと思うので、議論の対象から外します。

問題は②と③の扱いです。

②は、知識が豊富で試験が得意だけど、未知の物事には尻込みしてしまう人たちです。

③は、逆に知識はないので試験は苦手だけど、未知の物事に対してもなんとかやっていける人たちです。

③が重要であるという声は少しずつ浸透してきていますが、既存のものさしでは、まだまだ②が評価されています。

ただ、昨今の人工知能ブームで、仕事がなくなるという噂もよく聞くようになりました。

言うまでもなく、人工知能が得意とするのは②の領域です。

人工知能は、過去の情報は膨大に蓄積できますし、ルールやパターン認識にも強いです。

このため、ルールに従って、コマを動かし、勝ち負けの決まる囲碁や将棋では、人間よりも人工知能が優位に立つ領域になります。

ただ、答がなく、根性・抽象的・玉虫色・好き嫌いで解決を導く力は、人工知能はまだまだ人間にかないません。

つまり、③の領域は人間優位なのです。

こうなってくると、我々人間が、②と③のどちらの領域で生存していくのが賢明なのかは、おのずと見えてくると思います。

②から③へ。

「知識力」から「思考力」へ、少しずつ軸足を移していくことが、今、我々がすべきことであるように思います。

では、具体的に、何をどうやっていけばいいのでしょうか。

思考力を向上させるためには?

私は「何事も疑ってかかること」こそが、思考力を鍛える秘訣だと考えています。

・「日本の首都は大阪である。」「ほんとう?」

→ これは誰でも疑うことができます。

・「弊社の営業部門は非常に強い。」「ほんとう?」

→ 何を持って営業が強いと言ってるのか不明確です。売上をあげているのか、単に声が大きいだけなのか。疑ってみる姿勢が重要です。

・「ブログは更新し続ければ続けるほど、アクセス数が上がる」「ほんとう?」

→ 当たり前だと思わないでください。質の低い記事やユーザ視点でない記事を書き続けていれば、アクセス数が増えないこともあるでしょう。

ここまでは、まだ理解できますよね。では次はどうでしょうか?

・「1+1の答は2である。」

→ 小学1年生でも分かりますよね。誰も疑いません。しかし、1+1=2が成り立つのは10進数の世界だけです。今後、台頭してくるITの世界では2進数が使われており、そこでは、1+1=10となります。

このように、疑ってみることは、ある意味で大変なことです。

知識力が必要になることもあります。

すべての物事について、重箱の隅をつつくように疑っていれば、キリがありません。

しかし、このようなクセをつけていくことこそが、頭の体操であり、思考力を磨いていく秘訣なんだと思っています。

・人に聞く前に、一歩立ち止まって、反応を予想してみる。
・googleで検索する前に、一歩立ち止まって、答を予想してみる。
・会議で発言する前に、一歩立ち止まって、場の空気を読んでみる。

地味ですが、これらの積み重ねが、「思考力」というものを磨いていくことになるのではないでしょうか。

あ、そうそう。

この記事も、ぜひ疑ってみてください。私も正解は持っていないのですから。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ