ネットショップ実務士(レベル1)の受験体験記…その難易度とは?

スポンサーリンク

今回は、一般財団法人ネットショップ能力認定機構による「ネットショップ実務士(レベル1)」という資格を紹介したいと思います。

この資格は、Eコマース業界での実務能力を証明するための資格になります。

資格の概要

Eコマースとは、インターネット上で商品やサービスを販売することを言います。

その中で、企業から消費者へ販売する形態を、一般的に「ネットショップ」と呼んでいます。

最近では、これまでインターネットに直結していなかった業界も、続々とネットショップを開始しているのは、ご存知の通りかと思います。

検定は3段階のレベルに分かれています。

・レベル1:基礎知識
・レベル2:実務知識
・レベル3:実践力の証明

私が受験したのは、基礎的な内容が問われるレベル1の試験になります。

レベル1の試験範囲は下記になります。

1. ビジネス知識(23問)
・ネットショップのビジネス環境
・小売業の分類と特徴
・ネットショップの位置付け
・ネットショップの動向
・ネットショップ業界に必要なスキル
・社会人としての基礎知識
2. 前提知識(18問)
・ネットショップの出店形態と特徴
・ネットショップ実務の共通知識
・ネットショップ事業の準備
3. 実施知識(29問)
・ネットショップの制作
・ネットショップのプロモーション
・ネットショップの運用

試験そのものは、四答択一式が70問で実施されます。

試験時間は80分、合格点は100点満点の70点です。

合格者には「ネットショップ実務士」の認定証が発行されます。

私の体験談

私はこの試験を2017年1月に受験しました。

結果は、100点満点中、70点でした。

ギリギリのスレスレ合格です。

試験の準備は、下記のネットショップ検定の公式テキストを使用しました。

改訂版ネットショップ検定公式テキスト ネットショップ実務士レベル1対応【電子書籍】[ 一般財団法人ネットショップ能力認定機構 ]

勉強に使ったのは、この1冊のみで、その他の書籍は一切使用していません。

準備期間は、1日に1時間で1ヶ月程度でした。

私は、当時、アフィリエイトをしていたので、そこそこアドバンテージはあると思っていました。

さらに、2級販売士を保有していたので、試験範囲のうち、ビジネス知識の範囲についても、他の受験者よりも有利だと思っていました。

しかし、実態は異なっていました。

試験内容について、細かい点を語ることはできませんが、アフィリエイトの経験や2級販売士の知識は、正直、役に立ちませんでした。

公式テキストは読み込んだつもりでしたが、そのままの形式での出題も少なかった気がします。

アジアでの利用者合計がどうだとか、年間ベストストアはどうだとか、私にとっては、マニアックな出題も目立ちました。

コンピュータでの試験でしたが、終わって採点ボタンを押すときには、合格の確信は全くありませんでした。

「正直、これはダメかも…」と思いました。

70点でスレスレ合格していたことがわかった時には、少し興奮してしまいました。

これで、とりあえずレベル1の試験は合格しました。

次はレベル2ですが、私の今の知識では厳しいでしょう。

少し、間をあけてから再チャレンジするかどうかを決めたいと思います。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ