有限会社の知られざるメリット…もう二度と設立することができない法人の姿とは?

スポンサーリンク

起業する場合、まずは、個人事業主として活動することを考えます。

さらに売上が伸びてきて、さまざまな節税を考えるようになると、法人化を意識するようになります。

このときに、ざっくり言うと、大きくしたい場合は株式会社、小さいままで経営したい場合は合同会社を選択することになります。

合同会社については、次の記事をご覧ください。

個人事業主の私が、合同会社を立ち上げようとしている理由!

しかし、一昔前までは「有限会社」と呼ばれる法人も存在していました。

今回は、この「有限会社」について見ていきたいと思います。

有限会社とは?

2006年に会社法が施行されました。

それまでは「有限会社」が存在していましたが、会社法施行後は、有限会社に変わって「合同会社」が新しい法人形態として追加されることになりました。

つまり、有限会社の制度は廃止され、新しく有限会社を作ろうとしても、設立することはできなくなったのです。

すると、それまでに存在していた有限会社はどうなってしまうのかという疑問は残ります。

結論としては

「既存の有限会社は、そのまま有限会社を名乗ってもよい」

ということになりました。

これを「特例有限会社」と呼んでいます。

会社法が施行されてから10年以上経過した現在も、有限会社が存続しているのはこのためです。

有限会社は最強の法人形態か?

特例有限会社は、定款を変更することで、株式会社に変更することが可能です。

しかし、株式会社に変更した後に、有限会社に戻したいと思っても、もうそれはできません。

2006年以降、新規で有限会社を設立することはできなくなったためです。

有限会社よりも、株式会社のほうが、大きそうで格上であるように見えることもあります。

しかし、よく考えて見てください。

「創業○○年」という表記を見かけることがあります。

これは、会社が長く存続している、つまり歴史があるということをアピールしていることに他なりません。

「有限会社」というのは、その名前を聞くだけで、創業10年はクリアしていることになっているのです。

なぜなら、有限会社は2006年以前に設立されたものに限るからです。

会社が10年以上続いているというのは、とても立派なことです。

歴史ある会社であることを名前だけでアピールできるのですから、有限会社は素晴らしい称号になっているのです。

このため、現在、特例有限会社を所有している人は、新規では取得することのできない、この特権を充分に享受するために、有限会社であり続けることが重要なのではないでしょうか。

合同会社と同じように、有限会社は役員の任期もありませんし、決算を公告する義務もありません。

二度と作れない希少価値のある有限会社。

今となっては、最強の法人形態ではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ