ブログの資産化!時間をかけて育てると、いいことあるかも…

スポンサーリンク

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書) [ 山田真哉 ]

数年前に流行った名著です。私も丁寧に読ませていただきました。

この本は、分かりやすいタイトルに加えて、基礎的な会計のルールを教えてくれます。

今回は、副業インストラクターの立場として、さおだけ屋のビジネスモデルを見ていきたいと思います。

本業と副業との相乗効果

「さおだけ屋がなぜ潰れないのか?」

ネタバラシのようで恐縮ですが、簡単に答を書いてみます。

①さおだけ屋は、本業と相乗効果のある副業であること
②仕入費用がゼロで、ノーリスクで始めることができること
③本業が続く限り、副業も継続可能となるビジネスモデルであること

「なるほど」といった感じですね。

ここでのポイントは、全く儲かっているように見えないビジネスが、実は別のところで儲かっていた、という点にあります。

本業で、コンサルタントや士業をやっている人が、本を出版することも、これに類似しています。

今の時代、本はなかなか売れません。よほどの売れっ子作家にならないと、印税もほとんど期待できないでしょう。

では、なぜ手間暇をかけて、執筆して出版するのでしょうか。

決して、本を販売することで儲けようとして、出版しているのではありません。

本業での経験を体系的に整理し、それを出版することで、自分の価値やブランドを高めて、箔をつけ、次の仕事につなげようとしているのです。

ブログ資産化のメリット

「アフィリエイト」というと、副業とかお金儲けというイメージが強く、それで儲けを出そうとしているように見えます。

儲けを出そうとして、なかなか儲けることができず、三日坊主でやめてしまう人のどれだけ多いことか。

しかし、アフィリエイトをして儲けを追求していくのではなく、単純にブログを書いていくと考えてみてはいかがでしょうか。

役に立つ情報を読み手に提供することだけを考え、広告収入のことは、とりあえず棚の上にあげておくことにしましょう。

この場合、ブログを書くことは、冒頭のさおだけ屋と同じ役割を果たすと言えるでしょうか。

答は「Yes」です。

「ブログを書くこと」は、お金儲けのイメージとは少し異なります。

一般の人にとって、本を出版することは容易ではありません。コストもそれなりにかかります。

しかし、ブログを書くことは、少し時間をかけるだけで、ノーリスク・コストなしで対応可能です。

本業の経験や自分の知っていることを体系的に整理して書くだけなので、新たに調査する必要もありません。

ブログを書くところだけを切り取れば、さおだけ屋と同様、儲かるようには全く見えません。

しかし、本業の経験や自分の知っていることを整理してアウトプットすることで、本業を含めた自分自身のスキルアップを期待できます。

ブログを見た人から、本業やノウハウに関する問い合わせや、何らかの声がかかることがあるかもしれません。

さらに、ブログに内容をまとめて、電子書籍化すれば、本業に「出版経験あり」という箔をつけることができます。

私はこのことを「ブログの資産化」と呼んで、直接的な利益を追求するアフィリエイトとは区別しています。

①ブログの資産化は、本業と相乗効果のある副業であること
②仕入費用がゼロで、ノーリスクで始めることができること
③本業が続く限り、副業も継続可能となるビジネスモデルであること

冒頭のさおだけ屋と全く同じ効果です。

ある程度、ブログの資産化が進んでくると、グーグルアドセンスのような自動表示広告を貼りつけてみるのもよいでしょう。

この場合、今まで通り、ブログの内容だけに専念している状態で、宣伝や収益を意識することなく、お小遣いを得ることができます。

ブログの資産化が進んでいない状態で、収益ばかり追求しているから、諦めて三日坊主になってしまいがちなのです。(私も昔はそうでした。)

あなたも、何か副業を始めてみようと考えているのであれば、少し視点を変えて、まずはブログの資産化から始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ