個人事業主になったら、人間ドックの費用は経費となるのか?

スポンサーリンク

あなたは、毎年、人間ドックを受けていますか?

私はもう40歳を超えていますし、健康にも自信があるほうでもないため、毎年、受けています。

「体は資本なので、人間ドックは定期的に受けましょう!」

と声を大にして言いたいところですが、1回5万円くらいする人間ドックの費用は高いですよね…。

人間ドックの費用

私は、40代になってからは、毎年、人間ドックを受けています。

幸い、まだ大きな病気は見つかっておりませんが、年齢も年齢なので、気を抜かずに、定期的に受診したいと考えています。

そんな頼もしい人間ドックですが、費用は本当に高いです。

オプションをつけなかったとしても、5万円くらいかかります。

ガン検査などのマーカーオプションをいろいろつけていくと、簡単に10万円くらいの出費になります。

たいていの会社であれば、毎年1回の人間ドックや成人病検診は義務となっていると思います。

どんなに仕事が忙しくても、健康診断結果を人事部に提出しなければなりません。

その際の経費も会社負担になります。

会社員時代、私は特に何も考えずに、毎年、受けていました。

しかし、個人事業主(フリーランス)になるとどうでしょう。

人間ドックの費用はすべて自腹となるのです。

フリーランスの人間ドック

会社員の人は意識しないかもしれませんが、個人事業主は、よほどのお金持ち以外は、人間ドックの受診に少し躊躇してしまうのです。

会社員よりも個人事業主(フリーランス)のほうが、経費の範囲が広いため、人間ドックも経費にすればいいのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし、個人事業主に関しては、人間ドックは経費にならないのです。

あくまで、体は自己管理に委ねられます。

会社で負担してくれないし、経費にもならないということで、完全に自腹を切ることになります。

このため、お金を少しでもセーブしたい人は、人間ドック費用を浮かすため、受診しない人も少なくありません。

しかし、株式会社や合同会社などの法人を設立すると、人間ドック費用も、福利厚生費として、経費計上することができるようになります。(従業員全員が平等に受診するなど、一定の条件はあります。)

個人事業主の人が加入する国民健康保険では、傷病手当金もありません。

病気やケガで、長期的にダウンしてしまった場合、個人事業主は、路頭に迷うことになります。

個人事業主は、健康面では、本当に無防備の状態になっています。

私自身、現在、個人事業主ですが、これはかなりのデメリットだと感じています。

できれば、法人を作って、会社員時代のように、安心して働けるようになりたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ