大切なのは「お金」か「時間」か…私の考える理想の働き方

スポンサーリンク

あなたにとって、「お金」「時間」、どちらが重要でしょうか?

人によって価値観はさまざまですが、私は「時間」のほうが重要だと思っています。

なぜなら、「お金」はなくなっても取り戻すことができますが、「時間」はなくなったものを取り返すことができないからです。

近年、流行りの言葉である「ワークライフバランス」「生産性の向上」も、「時間」を大切にするところが出発点になっているような気がしています。

この「お金」と「時間」という2つの要素を軸として考えると、論理的には、次の4パターンの働き方を定義することができます。

(1)多くの時間を犠牲にすることで、多くの収益を目指す働き方
(2)ほとんど時間をかけずに、必要最低限の収益を目指す働き方
(3)多くの時間を犠牲にすることで、必要最低限の収益を目指す働き方
(4)ほとんど時間をかけずに、多くの収益を目指す働き方

(1)は、多くの日本人に見られるパターンです。

会社のために、多くの時間を費やし、評価してもらうことで、たくさんの給料やボーナスを得る働き方です。

高度経済成長に代表される年功序列や終身雇用が崩壊したことにより、近年は、ワークライフバランスや働き方改革などの考え方が浸透してきました。

(2)は、最近、流行っているミニマリストです。

脱サラして田舎で農業を営みたい、家族との時間を大切にしたい、収入はなくても好きな仕事がしたい、という生き方になります。

本当に自分に必要なものは何なのかを捉え、断捨離して必要最低限の生活を送る生き方は、多様性の時代に合ったものだと言えるでしょう。

(3)は、「好き」ということを除いては、通常、あり得ないパターンになりますので、ここでは議論の対象外とします。

(4)は、小さな労力で収益を最大化したいという、論理的には、最適な解となります。

しかし「週休4日制で、年収2000万円を得たい」など、現実的には、あり得ないパターンとなるでしょう。

多様性が重んじられる現代社会において、どの働き方も否定しませんが、私は(4)に軸足を置いていきたいと考えています。

なぜなら、私は、フロー型ビジネスとストック型ビジネスを組み合わせることで、会社員の安定さとフリーランスの自由さを融合した働き方を目指しているからです。

詳細はこちらの記事をご覧ください。
会社員とフリーランスのいいとこ取りをした収益モデルとは

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ