主婦の社会進出を妨げる「○○円の壁」とは?

スポンサーリンク

「年収が○○円を超えると、損をするから、働くのをセーブする…」

パートで働く主婦の間で、よく聞くセリフです。

これらは、もともと、ややこしい制度になっているにもかかわらず、法改正が絡んできましたので、さらにわけがわからなくなってきています。

今回は、この「○○円の壁」について見ていきたいと思います。

「○○の壁」の概要

この分野は、まともに説明すると1冊の本になってしまいますので、ここでは、ポイントを大幅に絞りたいと思います。

2018年以降は、次の4つだけを、確実に、覚えておきましょう。

【1】100万円の壁
【2】103万円の壁
【3】130万円の壁
【4】150万円の壁

実は、これ以外にも、さまざまな数字があるのですが、ややこしくなるので、上記の4つだけでまずは十分です。

順番に解説していきます。

【1】100万円の壁とは?

まずは、「100万円の壁」を見ていくことにしましょう。

主婦の給料やパートの収入が100万円を超えると、配偶者自身に住民税が発生することになります。

住民税の場合、基礎控除は35万円となり、給与所得控除の65万円と合わせて、100万円の控除枠があります。

つまり、100万円の収入があっても、100万円が控除されるので、住民税は0になるのです。

収入が100万円を超えてしまうと、一律10%の住民税がかかってしまいます。

ちなみに、主婦がパートや給料ではなく、自営業の場合は、給与所得控除がありませんので、35万円が住民税の壁となります。

【2】103万円の壁とは?

次に、「103万円の壁」について、見ていきましょう。

主婦の給料やパートの収入が103万円を超えると、配偶者自身に所得税が発生することになります。

所得税の場合、基礎控除は38万円となり、給与所得控除の65万円と合わせて、103万円の控除枠があります。

つまり、103万円の収入があっても、103万円が控除されるので、所得税は0になるのです。

収入が103万円を超えてしまうと、段階的に税率は増えていきますが、パート収入程度だと、所得税率は5%が適用されることが多いです。

【3】130万円の壁とは?

次に、「130万円の壁」について、見ていきましょう。

これは結構大きい壁ですね。

専業主婦やパート主婦の人は、夫の会社の健康保険に第3号被保険者として加入しているケースが多いと思います。

しかし、主婦の収入が130万円を超えると、夫の扶養から外れて、自分自身が独立して社会保険に加入する必要があります。

主婦の勤務先の規模によっては、130万円の壁が106万円の壁になるケースもあります。

社会保険には、国民健康保険と国民年金保険があります。

国民健康保険料は月額3000円程度、国民年金保険料は、月17000円程度なので、この壁を突破してしまうと、手取りにして、年間24万円が消えてしまうことになります。

【4】150万円の壁とは?

これまでに見てきた100万円の壁、103万円の壁、130万円の壁は、主婦自身の所得に関するものでした。

しかし、次に紹介する150万円の壁は、夫(世帯主)の所得に関するものになります。

答を言えば「配偶者控除の壁」になります。

2017年までは、103万円の壁でしたが、法改正により、150万円の壁に引き上げられました。

主婦(配偶者)の給与収入が150万円以下であれば、夫(世帯主)は38万円の所得控除を受けることができるというものです。

配偶者控除は、「夫婦のどちらかの収入が低ければ、収入が高いほうの税金を安くしますよ」という制度です。

低いほうの収入が上がると、家庭全体では損をする仕組みになっているので、女性が仕事をセーブする原因になっているとずっと問題視されてきました。

そこで、2018年からは、壁の上限を上げることで、もっと女性に働いてもらいたいと法改正されたのです。

ただし、夫(世帯主)の給与収入が1220万円を超えると、配偶者控除を受けることはできません。

国の方針としては、配偶者控除の見直し(壁の緩和)によって、女性の社会進出を進めたいのでしょうが、当面は難しいでしょうね。

・社会保険の壁(130万円)が大きい
・女性が働ける環境整備がまだ甘い(待機児童など)
・働き方や生産性の改革が進んでいない

これらがすべて改善しないと、女性の社会進出の起爆剤とはならないのではないかと、個人的には思っています。

まとめ

主婦の「○○円の壁」の話をまとめます。

【1】100万円の壁=超えると自分に住民税がかかる
【2】103万円の壁=超えると自分に所得税がかかる
【3】130万円の壁=超えると自分が社会保険料を払うことになる
【4】150万円の壁=超えると夫(世帯主)の配偶者控除がなくなる

ややこしいですよね。

まずは、この4つだけでも、確実に押さえていただければと思います。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ