会社員とフリーランスのいいとこ取りをした働き方とは?(続編)

スポンサーリンク

私は、会社員の安定さと、フリーランスの自由さを融合させた働き方を提唱しており、日々、実践し続けています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
会社員とフリーランスのいいとこ取りをした働き方とは?

この記事は、新しい働き方のモデルとして、かなりの反響がありました。

そこで、今回、この収益モデルについて、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

私の働き方

まずは、私の職歴を簡単に紹介したいと思います。

私は、コンサルティング業界で約20年、会社員として働いてきました。

ただ、ずっと同じ会社で働き続けていたわけではなく、外資系を含め、何社か転職を繰り返しました。

20年前から、終身雇用や年功序列の考え方には懐疑的で、転職やスキルアップを前提に、自分の市場価値と向き合ってきました。

大きな責任が伴い、厳しい仕事内容でしたが、コンサルティング業界は、他業種に比べて、給与水準も高く、大きな不満はありませんでした。

しかし、あるとき、会社からの収入一本に頼っている自分がいることに、客観的に気づいてしまったのです。

業務改革やシステム導入のプロジェクトの中では、

「リスクヘッジが重要だ!」

と発言しているのに、自分自身の収入に関しては、全くリスクヘッジできていませんでした。

そこで、会社からの給料以外にも、収入を増やそうと思い立ちました。

今では、副業という言葉も一般化してきましたが、10年以上前は、副業はこっそりとする、やましいイメージでした。

本業が忙しいということもあったので、私の実践できる副業は限られていました。

FXやREIT、株式などの金融投資を皮切りに、ネットでポイントを集めたり、マイレージを貯めたり、いろいろ試してみました。

大きな失敗も体験しましたが、最終的に、私は以下の3つの副業にたどり着きました。

・不動産投資
・トルコリラ安定運用法
・ブログの資産化

これらは、いずれも、労働を必要とせず、本業であるコンサルティングと両立させることができるものばかりでした。

この時点で、本業である会社員と、副業である不労所得の組み合わせモデルが出来上がりました。

フリーランスへの道

しかし、私の中では、何かが不足していました。

それが何であるのか、気づくことなく、私は働き続けました。

気づくことができたのは、私が本業でストレスを蓄積し、長期療養を余儀なくされるようになったときでした。

自分がダウンしてしまっては、どうしようもないという無力さに気づいたのです。

徹夜が続くような仕事をしていたわけではありませんので、ダウンした原因は、肉体的なものではなく、精神的なものでした。

精神的なものは、自分の感じ取り方や受け取り方の問題なので、どうしようもない…。

考えた末、私は次の結論にたどりつきました。

生産性を究極にあげることで、本業で働く時間を短くしよう。

極端な話、半年働いたら半年休む。

もしくは、月曜から水曜まで働いたら木曜から日曜までは休む。

そうすることで、ストレスのガス抜きをし、精神的にやられないようにしよう、と考えました。

しかし、考え方はいいにしても、会社員である以上、上記のような働き方は、現実的にはできません。

そこで、私はフリーランスとして、個人でコンサルティング業を立ち上げることにしたのです。

こうすると、契約次第で、自身の単価(売上)もアップし、長期的な休暇をとることもできるようになります。

この働き方と類似の考え方は、次の書籍にも書かれてありました。

私の同業者の本ですが、興味のある人は参考にしてみてください。

半年だけ働く。 [ 村上アシシ ]

個人事業主では弱いとされる福利厚生も、合同会社を立ち上げ、法人化することで、会社員の待遇を取り戻すことができます。

コンサルティング業とはいっても、私のターゲット顧客は、あくまでも大企業の経営幹部です。

経済的に悲鳴を上げている中小企業や個人を顧客基盤としているコンサルタントも多いですが、私は、敢えて、アベノミクスの恩恵を受けて、お金をたくさん持っている大企業にターゲットを絞っています。

本業では、好きなことを放棄して、儲かる市場にターゲットに絞ることで、単発で大きく稼ぐビジネスモデルをとっているのです。

副業では、好きなことで中長期の安定ビジネスをすることにしていますので、まさに本業とは正反対の考え方をとっています。

本業と副業で正反対のビジネスモデルを設定することで、自分の中でリスクヘッジしているのです。

私にとって、ようやく、理想の働き方が見つかったときでした。

私の理想の収益モデル

私の理想とする収益モデルを整理してみます。

◎本業
・法人(合同会社)で行う
・フロー型ビジネス(単発での収益)を狙う
・生産性を上げ、時間単価を究極に高め、労働時間を減らす
・好きなことではなく、とにかく儲かることに手を出す
・例:(私の場合)大企業向けコンサルティング業

◎副業
・個人で行う
・ストック型ビジネス(仕組みをつくったらあとは不労所得)を狙う
・何もせずに収益を生み出す仕組みを増やす
・リスクは低く、中長期的に時間を味方につけ、好きなことをする
・例:トルコリラ安定運用法、不動産投資、ブログの資産化

副業のベース収益(不労所得)のある状態を維持しつつ、単価の高い本業を単発でこなしていく。

時間に余裕をもたせつつ、豊かな人生を送る。

年齢的に疲れるようになってきたら、本業と副業の比率を変える(本業の比率を減らす)ことで、仕事をコントロールする。

ストレスも発散できるし、定年もなく、自由さも手に入れる。

これが、私の考える理想の働き方・ビジネス戦略になります。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ