これから不動産投資を始める人へ!不動産投資の概要と最新情報

スポンサーリンク

私は、関西圏に投資用ワンルームマンションを8戸、保有しています。

おかげさまで、今のところ、満室状態になっており、安定した家賃収入を得ることができています。

この不動産収入が、私が他に実践している副業収入に、プラスの影響を与えていることは間違いありません。

そこで、不動産投資をこれから始めようとしている人や、始めたばかりの人に、私の体験談をいくつか紹介させていただきたいと思います。

不動産投資の概要

不動産投資は、ミドルリスクミドルリターンの投資だと言われています。

しかし、取り扱う金額は非常に大きくなりますので、リスクを含め、仕組みは、丁寧に理解しておく必要があります。

参考までに、私が今までに書いた記事を紹介します。

不動産投資をこれから始めようとしている人は、まずこちらからご覧ください。

(1)不動産投資を始める前に理解しておきたい8つのリスク

(2)不動産投資をする上で避けられない税金の仕組みをサクッと紹介します!

(3)私が不動産投資を薦める理由…メリットとデメリットを紹介します!

(4)ワンルームマンションを保有することによる合法的な節税方法とは?

(5)不動産投資の立地場所として、東京でも地方でもない大阪を選んだ理由

(6)不動産投資で、空室(入居者の引越し)が発生したときの体験談

(7)個人事業として、私が8戸の投資用ワンルームマンションを購入した話(会員限定記事)

与信枠には注意しよう

上記の記事では、あまり触れていなかったテーマになりますが、不動産投資を始める際には、次の点に留意する必要があります。

銀行があなたに貸してくれるローンの総額(与信枠)は、現在、だいたい年収の10倍だと言われています。

つまり、年収600万円の人であれば、10倍の6000万円まではローンが組めるということです。

これからマイホームを買う予定のある人は、この与信枠を強く意識しておきましょう。

年収600万円の人が、仮に東京の投資用マンションを4000万円で全額ローン購入したとします。

このとき、与信枠6000万円から、投資用ローンの4000万円を差し引くので、残りの枠は2000万円ということになります。

このタイミングでマイホームを買いたいと思っても、枠が2000万円しかないため、マイホームで十分なローンが組めなくなってしまいます。

個人のライフプラン上、マイホームを買う予定のある人は、安易に不動産投資を始めないように注意しましょう。

逆に、不動産投資をどうしても始めたい人は、自分は賃貸に住み続けるなど、いろいろ工夫する必要があります。

今は買い時なのか?

2年ほど前は、東京オリンピックへの期待やインバウンド効果から、東京の物件価格が高騰しました。

現在は、高止まり感がありますが、東京の物件は引き続き、割高だと言えるでしょう。

大阪の物件は、2年ほど前までは、安値で安定していたのですが、昨年は高騰し、前年比20%も値上がりしている状況です。

大阪は、東京から2年くらい遅れて価格が推移しているような気がします。

このため、現在、大阪の物件は安いとは言えなくなってきています。

物件価格が高くなってきていることから、利回りもあまり期待できません。

物件にもよりますが、正直なところ、あまり買い時ではないのかもしれません。

私は、あと2年くらいはこの状況が続くのではないかと見ています。

しかし、ローン金利は低く、家賃相場にも大きな変化はありませんので、この点は不動産投資をする人にとっては、追い風となっています。

年齢的な視点でみても、不動産投資は若い頃から始めたほうが、将来、楽になります。

正解はないので、難しい判断にはなりますが、これらの点を考慮して、不動産投資を始めるタイミングを検討すればよいでしょう。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ