仮想通貨と金のメリット・デメリット比較!投資として優れているのは…?

スポンサーリンク

仮想通貨。

最近、本当によく聞く言葉ですよね。

インターネットや流行り物に全く興味のない人々でも、言葉だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。

「仮想通貨=ビットコイン」

と思っている人もいるようですが、実際はそうではありません。

ビットコインは仮想通貨の一種ですが、仮想通貨には、他にもイーサリアム、リップル、NEMなどがあります。(ビットコイン以外の仮想通貨は、アルトコインと呼ばれることもあります。覚えておくといいかもしれません。)

参考:仮想通貨ポートフォリオ!ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネム…

そして、2017年末、出川哲朗氏がCMをして有名になったコインチェック株式会社。

このコインチェック株式会社が不正アクセスを受けて、580億円の仮想通貨NEMが流出してしまったニュースは、ご存知のことかと思います。

この騒動を受け、

「仮想通貨=危ない」

という認識も広まっているようです。

しかし、仮想通貨(正確には、仮想通貨を実現しているブロックチェーンという技術)は、2018年10月の時点で、まだまだ発展途上の段階にあります。

現段階で

「仮想通貨=危ない」

と結論づけるのは、時期尚早であるように思えます。

これからも新時代のインフラとして、私は、仮想通貨が発展していくことを祈っています。

今は距離を置いていますが、2017年の始め頃には、実際にビットコイン投資を行っていました。

そして、私は、ビットコインとは正反対のイメージのある金の積立投資も行っています。

そこで、今回は、この「ビットコイン投資」と「金投資」について、簡単に比較していきたいと思います。

ビットコインと金の似ている点

まずは、ビットコインと金の似ている点を見ていきたいと思います。

①価格の変動

ビットコインも金も、日々、価格が変動する点は似ています。

特に、ビットコインは歴史が浅いこともあり、価格の変動幅が大きいことが特徴的です。

②有限であること

金は、地球上にある資源のひとつですので、もちろん有限です。

無限に増えていくものではありません。

ビットコインは、資源ではありませんので、無限のように見えますが、実際は2100万枚までしか発行しないということが決まっています。

このため、有限の資源の中で価値を変動させていく点では、金と同じ性質のものとなっています。

③積立ができること

私は金を積み立てて運用しています。

ドルコスト平均法により、安い時に多く、高い時に少なく買い付けて、リスクを低減させるためです。

対する、ビットコインですが、これも一部の機関(Zaifなど)で積立投資が可能のようです。

ビットコインは価格の変動が激しいので、ドルコスト平均法でリスクを低減させることは、賢明なやり方なのかもしれません。

④リスクがあること

金には、地政学的リスクや盗難のリスクがあります。

ビットコインには、ITやセキュリティ、規制などのリスクがあります。

⑤国家を超えるものであること

どちらも国家が管理しているものではありません。

ビットコインと金の異なる点

次に、ビットコインと金の異なる点について、見ていきたいと思います。

①現物があるかないか

文字通り、金は現物がありますが、ビットコインはデータとして存在しているため現物が存在しません。

②歴史があるか

金は長年の歴史があり、「有事の金」と言われるまで成熟しています。

しかし、ビットコインの歴史はまだまだ浅いです。

③誰が投資しているか

ビットコインに投資しているのは個人です。

金は、個人に加えて、銀行や機関投資家なども投資しています。

しかし、ビットコインの市場が成熟してくると、ビットコインにもプロの投資家が参入してくるものと推測しています。

ビットコインと金の住み分け

以上、ビットコインと金を比較してきました。

ビットコインへ投資するということは、ハイリターンを求める反面、かなりのリスクを許容することが必要になります。

このリスクをとれる場合は、ビットコインに投資すればいいでしょう。

しかし、リスクを許容できない場合は、安全資産の代表格である「有事の金」に流れるという図式が容易に浮かんできます。

ビットコイン投資と金投資。

どちらが優れているという比較対象ではなく、リスク許容度の大きさから、お互いに補完し合っていく存在なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ