自動車保険の名義を個人から法人に変更して節税する方法

スポンサーリンク

私は、個人事業主としてコンサルティング業を行なっていましたが、昨年、法人成りをしました。

私の自宅は、とても田舎にありますので、私と妻、それぞれが自動車を所有していました。

つまり、一家として2台の自動車を所有していたわけです。(私の自動車は軽自動車でしたが。)

妻の自動車は家族でのお出かけ用などに使っていて、私の自動車は仕事に行く時に使っていました。

そんな中、仕事で使う自動車であるならば、法人所有の自動車にして、何かメリットはないものか考えるようになりました。

その結果、法人所有の自動車に名義を変更することができましたので、今回はその体験談と、よかった点について、紹介したいと思います。

個人名義から法人名義へ

個人事業主が法人成りした場合、自動車の名義を法人に変更することはよくあるケースです。

しかし、新規で法人契約の自動車保険に加入すると、6等級からスタートしてしまい、保険料が一気に高くなってしまいます。

ひとり会社やオーナー企業の場合、会社の財布と社長の財布は一体であることが多いので、自動車の名義が変わっただけで、保険料がべらぼうに高くなるのは辛いですよね。

しかし、次のような裏ワザがあるのです。

「自動車保険の等級は、ある条件を満たせば、個人から法人に引き継ぐことが可能」

これは便利な裏ワザです。

細かく見ていくことにしましょう。

自動車保険の等級を引き継ぐ条件

オーナー社長が個人名義で自動車を持っていました。

会社に利益がでてきたら、自動車を経費にしようと考え、会社がオーナー社長から自動車を買い取ります。

しかし、これだと、自動車保険の名義を法人に変えたとしても、等級を引き継ぐことができません。

等級を引き継ぐためには、保険会社の定める条件をクリアする必要があるのです。

保険会社によって差はありますが、概ね次の3つが前提条件となることが多いです。

①法人成りをしていた時点で自動車を所有しており、自動車保険に加入している
②個人事業と法人事業の事業内容が同じである
③等級の引き継ぎが可能なのは、法人成りしたタイミングである

まず、①の条件ですが、これは当然ですよね。

法人成りをして自動車をはじめて使い始めるのであれば、これは新規の保険適用となって当然です。

次に②の条件です。

保険会社は、事故が起きる可能性を考えて、等級の引き継ぎができるかどうかを考えます。

個人名義の自動車を、新規法人でいきなり使い始めるというケースでは、用途が異なるので、普通はリスクが異なりますよね。

こういった場合、等級の引き継ぎはできません。

しかし、もともと、個人事業主で自動車を使っており、かつ法人成りをしても、同じ仕事をしているのであれば、保険会社として、リスクは変わらないと判断することができ、等級の引き継ぎが可能となるわけです。

そして、意外に重要なのは、③の条件かもしれません。

法人成りをしたタイミングでしか、等級の引き継ぎはできないと考えておきましょう。(これは知らなければ損をする代表的な例でしょう。)

保険会社にもよりますが、法人設立後、半年以内くらいであれば、まだ大丈夫だと思います。

しかし、決算をまたぐと、等級の引き継ぎは難しいでしょう。

自動車を法人所有とすることのメリット

次に、法人で自動車を保有するメリットについて、見ていきたいと思います。

①ガソリン代・車検代の経費化
②任意保険料の経費化
③車両代金(減価償却)の経費化

まず、①ですが、ガソリン代や車検費用、バッテリー交換などの維持費は、全額経費となります。

もちろん、社用車なので、事業で使っていることが大前提ですが。

これは、個人事業主でも同様です。

次に②です。

これは高額ですし、大きいですね。

個人事業主は、任意保険料は経費計上できません。

たとえ、事業で使っていたとしても、車の持ち主は個人ですから、任意保険の被保険者も個人になってしまいます。

③ですが、これも、経費となります。

一般的に、新車の自動車は、自動車の購入代金を6年に分けて、経費化していくことになります。(自動車の減価償却費)

まとめ

あなたが、法人成りをしている場合、自動車を法人名義にすることのメリットは大きいです。

私の場合、自分の自動車については、もともと仕事にしか使っていなかったので、迷いなく、法人名義に変更しました。

自動車保険の等級も引き継ぐことができ、割引率も継続しています。

法人成りをした後は、いろいろと準備することが多いです。

自動車に関しても、忘れずに手続きすることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ