知っておきたい合同会社(LLC)!略称と英語表記と役職のタブーとは?

スポンサーリンク

私は、フリーランスのコンサルタントをやっています。

具体的には、個人事業主ではなく、合同会社という法人を立ち上げて、仕事をしています。

この合同会社という法人形態、私はとても気に入っています。

今後も増加してくると思われますが、実際のところ、あまり知られていないのが現状です。

そこで、今回は、合同会社の基本的なこと(略称や役職)について、簡単に紹介していきたいと思います。

合同会社の略称

例えば、

「マネー情報局株式会社」

という株式会社があったとしましょう。

この場合、簡略化表記すると、「マネー情報局(株)」となります。

では

「株式会社マネー情報局」

だといかがでしょう。

簡単ですよね。

「(株)マネー情報局」となります。

このように、株式会社の場合では、当たり前の話ですが、合同会社では少し難しくなります。

マネー情報局合同会社 → マネー情報局(合)?

ちがうんです。

あと10年も経てば、一般的な表現になっているはずなので、覚えておきましょう。

「マネー情報局合同会社」の場合、「マネー情報局(同)」

「合同会社マネー情報局」の場合、「(同)マネー情報局」

銀行振込などで見かけるカナ表記の場合は、(ド)となります。

株式会社の場合は、(カ)ですよね。

合同会社の場合は、(同)と(ド)

合同会社とは縁がない人も、今後、遭遇する機会は増えてくると思われます。

押さえておいて損はないでしょう。

合同会社の英語表記

株式会社であれば、称号の末尾に、「Co., Ltd.」や「Inc.」がついています。

それぞれ「Company Limited」「Incorporated」を略したものになります。

日本的な株式会社であれば、「Co., Ltd.」が多いように感じます。

では、合同会社はどういった英語表記になるのでしょう。

合同会社は、もともと、海外にあった

「Limited Liability Company」

という法人形態を日本に持ち込んだものになります。

これを日本風にアレンジしたので、日本で合同会社は

「日本版LLC」

とも呼ばれています。

このため、英語表記もこのまま使われることが一般的です。

「○○Limited Liability Company」「○○, LLC」

覚えておくとよいでしょう。

合同会社の役職

株式会社の場合、トップの役職はどう表記されているでしょうか?

一般的なものとして、

・代表取締役
・社長
・CEO

などをよく見かけますよね。

しかし、同じ会社でも、合同会社のトップは、少しちがうんです。

ここは、とても重要なポイントです。

正式には「代表社員」といいます。

私も合同会社を立ち上げて名刺を作っており、普通に「代表社員」を名乗っています。

ただ、この名前、「社員」と表記されているので、あまりトップとは認識されにくいんですよね。

個人的には、別にトップだと強く伝えたいわけではないんですが…。

取引先や融資先などの相手が、気にしてくる場合が多いように感じます。

このため、合同会社のトップは、正式名称の代表社員ではなく、社長とか代表とかCEOを名乗る人も多いです。

ただ、一点だけ注意することがあります。

合同会社のトップ(代表社員)は、「代表取締役」と名乗ることはNGになります。

この代表取締役は、株式会社だけに存在している役職です。

合同会社で代表取締役はありません。

合同会社で「代表取締役」を名乗っている名刺を見かけたら、

何かおかしいぞ?

と感じとってみてください(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ