一般社団法人とは?合同会社(LLC)とのちがいを紹介します!

スポンサーリンク

少し前の話になりますが、2019年5月、おなじみ貴乃花親方が

「一般社団法人貴乃花道場」

を立ち上げて話題となりました。

このニュースは聞いたことがある人も多いと思います。

しかし、この「一般社団法人」とは、一体どういった組織なのでしょうか?

会社のように利益を追求する組織なのでしょうか?

今回は、この聞いたことがあるようなないような「一般社団法人」という組織について見ていきたいと思います。

一般社団法人とは?

一般社団法人は、2008年から認められるようになった比較的新しい組織の形になります。

それまでは「社団法人」という制度がありました。

しかし「一般」という言葉がついて、最近、非常に人気がでてたようです。

というのも、社団法人はいろいろと面倒な許可が必要だったんですが、一般社団法人は設立のハードルがだいぶ下がってきたためです。

NPO法人だと活動に規制が多く、社団法人だと許可が必要で、株式会社だとハードルが高すぎる…

こういった状況の中、一般社団法人の人気が高まってきているのです。

簡単に言えば、

「非営利で活動を行う組織に法人格を与えたもの」

が、一般社団法人になります。

”非営利”とはなってますが、実際は、営利事業を行い、利益を上げることも可能です。

代表には、役員報酬を支給することも可能です。

株式会社のように、登録免許税も高くなく、一定のルールのもと、法人税も免除されます。

一般社団法人の例

一概には言えませんが、民間資格や認定制度などをつくる場合、一般社団法人とすることが多いようです。

「日本○○協会」など、よく見かけますよね。

文化やスキル、技能などを広く世の中に普及させるための設立される団体が、一般社団法人となることが多いように見えます。

これらは、あまり儲けるというよりも、何かを普及させるイメージが強いですよね。

冒頭の貴乃花道場も、

「相撲という文化を次世代の子供たちに継承する」

という目的で設立されています。

ガツガツお金を稼ぐための組織ではないですよね。

こういった、社会性・公益性がある活動については、「株式会社」や「合同会社」ではイメージが損なわれることも多いです。

このため、非営利のイメージが強い「一般社団法人」が脚光を浴びてきているのです。

私と一般社団法人

私は合同会社(LLC:Limited Liability Company)を運営しています。

これは営利目的であり、株式会社のミニ版のようなものですが、将来的には、一般社団法人も視野に入れていきたいと考えています。

今でこそ、お金を稼ぐことに注力せざるを得ませんが、軌道にのってきたら、地域社会へ貢献していきたいと考えているためです。

合同会社をベースに、将来的には一般社団法人、直近としては、有限責任事業組合(LLP:Limited Liability Partnership)などをうまく活用し、効率的に活動を進めていきたいと考えています。

それぞれの組織の特徴やメリット・デメリット・体験談については、別の機会で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ